シャレーン・シラー・ピーク・ランチ “アルバン・クローン”

『熟したタンニンと噛めるほどの果実味を持つ希少なシラー100%!』

手摘みの収穫、手選別、100%除梗、100%フレンチ・オーク熟成(Leroi Barrels)、内50%の新樽を使用し約16ヶ月熟成。無濾過、無清澄で瓶詰されます。ワインはフルボディで、よく熟したタンニンが印象的。噛めるほどの果実味とはこの事か!?黒系果実のアロマが中心で、他にもアニス、コーヒーなど様々なフレーバーが混ざり合う。苗木は、かのロバート・パーカー Jr.氏から『カリフォルニアにおけるローヌ系ブドウ品種のリーダー的存在』と言わしめたアルバン・ヴィンヤードからアルバン・クローン(Alban Clone)100%使用。

シラー種特有の紫がかった濃い色合い。香りを嗅いだだけで濃いワインであるとこが容易に想像できる。表面的に感じる香りはシャレーン特有の黒系果実とも赤系果実とも言い切れないエレガントでリッチな香りを放つが、空気に触れさせることで徐々に黒系果実の目の詰まった骨太なシラーを感じさせてくれる。口に含むと、全ての要素がまとまった形で一気に押し寄せ、中間の味わいでは存在感のあるがっちりしたタンニンとともに、ダークフルーツ、ダークベリー、スパイス、土、はちみつ、なめし革、インクなどのニュアンスとともに濃厚な果実香が口中を覆いつくす。果実味が徐々に押し寄せてくるピノ・ノワールとは対照的に、全ての要素がまとまって一気に押し寄せてくる印象を受けるのがシラー。まさに噛めるほどの果実味!

◆ピーク・ランチ・ヴィンヤード(Peake Ranch Vineyard)
サンタ・イネズ・ヴァレーの東端に位置するピーク・ランチ・ヴィンヤードは、東西南北4方向に広がる急な斜面にブドウが植えられています。特に南側のブロックは、粘土質と川の石が混ざった土壌で、太平洋からサンタ・イネズ・ヴァレーに流れ込む風の影響を受ける好立地なエリアとなります。また、どの場所も急な斜面にブドウが植えられている為、太陽の恵みを効率よく受けた果実味の豊かなワインとなるのも特徴です。

生産者
シャレーン・ワイナリー [Challen Winery]
ワイン名
シラー・ピーク・ランチ [Syrah Peake Ranch]
タイプ/容量
赤ワイン/750ml [Red / 750ml]
生産地
アメリカ/カリフォルニア/サンタ・バーバラ/サンタ・リタ・ヒルズ
[USA/California/Santa Barbaraa/Santa Rita Hills]
ブドウ品種
シラー 100% [Syrah 100%]
参考小売価格
8,200円 (税別)
JAN コード
4582245860800