ビューラー・ヴィンヤーズ/エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパ・ヴァレー

『マイクロ・クライメット(微気候)が育むナパの最高品質。』

ナパの観光客が容易に辿り着くことができないほど、ビューラーは奥深い山中にあります。地球温暖化による影響のなか、ナパのブドウが谷底と山間で明らかに品質が異なるようになった今、ビューラーのワインは益々評価を上げるようになりました。1971年にジョン・ビューラー・Srがナパ・ヴァレーの山腹の土地を買ったことからワイナリーの歴史が始まります。

暫くはブドウ栽培家として生計をたてるも、ワインを造るという夢のため、すぐに醸造所を併設することになるのです。1978年に700ケースだった生産量は見る見るうちに増えていき、1982年にはハイジ・ピーターソン・バレットをワインメーカーとして雇い入れます。5年にも及ぶビューラーでの経験は、その後の彼女の傑作となるダラ・ヴァレやスクリーミング・イーグルで結実したことでしょう。

現在はワインメーカーにデヴィット・クローニンを迎え、3つのエステートワインと4つのアペラシオンワインを生産しています。中でもカベルネ・ソーヴィニヨンとジンファンデルの評価は高く、度々ワインスペクテーターのTOP100ワインに選ばれるほどです。

生産者
ビューラー
(Buehler)
ワイン名
エステート・カベルネ・ソーヴィニヨン・ナパ・ヴァレー
(Estate Cabernet Sauvignon Napa Valley)
タイプ/容量
赤ワイン・フルボディ/750ml
(Red/Full-bodied)
生産地
アメリカ/カリフォルニア/ノース・コースト/ナパ・ヴァレー
(USA/California/North Coast/Napa Valley)
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィニヨン 100%
(Cabernet Sauvignon 100%)
コメント
完全自社畑のブドウより生産されるエステート。しなやかな果実味、樽からくる上品でスパイシーな旨味、そして、複雑味に溢れています。

<2012年>
輝きのある色合い。グラスに注ぐと内側に流れる「ワインの涙」が多く、粘度とエキス分の濃さが窺える。2012年という若さはあるものの、ワインのスタイルとしては全体的に落ち着いた印象。ビューラーの最大の特徴である“ジューシー&スパイシー”な風味は、どのビューラーを試飲しても一貫しており、特にこのエステートにおいては、中間の味わいのボリューム感が圧倒的。100%フレンチ・オークではなく、あえてアメリカン・オークをバランスよく使用する事で、ナパの土壌の特徴を最大限に表現している。余韻も長く、赤ワイン独特の“渋み”が好きな人が求める存在感のあるタンニンがとても心地よい。カリフォルニアワインの『解りやすさ』『親しみやすさ』そして『力強さ』が見事に表現されたビューラーの最高傑作。
参考小売価格
8,000円 (税別)
JANコード
724404095003